社会連携センターロゴマークが決定

2021.8.6

東京藝術大学社会連携センターの各種広報やPRに活用するロゴマークデザインを学内公募し、厳正に審査した結果、以下のデザインを最優秀賞作品とすることを決定しました。
最優秀賞作品は、東京藝術大学社会連携センターのロゴマークとして採用し、ホームページや各種刊行物に掲載し広報活動に利用します。

最優秀作品

作者紹介

山下 絵理(東京藝術大学 美術研究科博士後期課程デザイン専攻2年)

作品コンセプト

窓を開けた先に見える風景をモチーフに、「藝大と社会をつなげる窓口」「新しい風景をもたらすもの」というイメージで社会連携センターの役割を表現した。窓の先に見える風景は空と山の三色が産学官を表現しており、三者の連携によってひとつの美しい景色があらわれるという意味を込めている。